米ビルボード誌 音楽業界で最も影響力のある人物ランキング「Power 100」に、ノア“40”シェビブ(Noah “40” Shebib)とアデル “フューチャー・ザ・プリンス” ヌー(Adele “Future the Prince” Nur)が選出!

WANT TO READ THIS ARTICLE IN ENGLISH? CLICK THE IMAGE BELOW

Adele “Future The Prince” Nur, and long-time producer, Noah “40” Shebib announced as No.42 on Billboard's annual [Power 100] list for 2018.

Adele “Future The Prince” Nur, and long-time producer, Noah “40” Shebib announced as No.42 on Billboard's annual [Power 100] list for 2018.

 

カナダ・トロント出身で現在ラップ界の顔であるドレイクのマネージャーの一人、“フューチャー・ザ・プリンス”ことアデル・ヌー(Adele Nur)と、ドレイク率いるミュージック・レーベルOVO Soundの創設者の一人でもあり、長年友人で右腕プロデューサーの“40”ことノア・シェビブ(Noah Shebib)が、米ビルボード毎年恒例の「音楽業界で最も影響力のある人物ランキング」で42位にランクインしました。

 ドレイクのマネージャーの一人であるアデル・ヌーは、アップル、スタジオA24、さらにNBAチームのクリーブランド・キャバリアーズに所属する大人気スター選手レブロン・ジェームが経営するスプリングヒル・エンターテイメント社と共同で、ドレイクのテレビ映画監督業への進出準備を整えていると言われています。

 昔からの友人でもう一人のマネージャーでもあるオリヴァー・エル・カティブ(Oliver El Khtaib)は2010年にドレイクと一緒に立ち上げた話題沸騰中ファッション・ブランド「オクトーバーズ・ベリー・オウン(略称:OVO)」の仕事にしばし注力するために、一時的にマネージャーの役割から離れることを最近発表しました。

また、昨年3月18日にシェビブが、Boi-1da、Nineteen85等と手を組み、プロデュースを手がけたドレイクの“プレイリスト”「More Life」が、発売初週に50万5千枚を売り上げました。そのうち25万7千枚分は、スポッティファイ、アップル・ミュージック、などの定額制音楽ストリーミング配信サービスでの再生回数からの換算となっています。そして、4月にそのプレイリストに収録されている全22曲が、米ビルボードの総合シングル・チャート“Hot 100”にランクインしました。これによりドレイクはそれまで通算135曲で最高記録を保持していたリル・ウエインを154曲で抜き、58年の歴史を誇る同チャート史上ソローアーティストとして最もヒット曲を持つアーティストとなったことが明らかになった。